G-FREAK FACTORY、満員LIQUIDROOMでフリーキーたちと迎えたツアー集大成

G-FREAK FACTORYがライブツアー「"FREAKY" TOUR 2017」の最終公演を6月24日に東京・LIQUIDROOMにて開催した。

【写真】TAKUMA(Vo, G / 10-FEET)(他13枚)

このツアーは彼らが最新アルバム「FREAKY」を携えて3月より実施していたもの。ツアーファイナルとなったこの日はソールドアウトのLIQUIDROOMを舞台に、10-FEETとのツーマンライブが行われた。

10-FEETはTAKUMA(Vo, G)が「オラー!行くぞー!」とさっそくオーディエンスを焚き付け「hammer ska」でライブをスタートさせる。TAKUMAが「今日はG-FREAK FACTORYと、お前らと心中するつもりで来た」「お前らをくたくたにしてG-FREAK FACTORYに渡す」と並々ならぬ意気込みを語っていた通り、バンドは「VIBES BY VIBES」「1sec.」といったパンキッシュなナンバーを畳み掛けて、オーディエンスのテンションを引き上げ続けていった。

「ヒトリセカイ」をエモーショナルに歌い上げたあと、TAKUMAが「(G-FREAK FACTORYとは)長い付き合いやな」と話し始め、メンバー3人はG-FREAK FACTORYとの出会いを回想。「大事な友達」「尊敬し合ってるって言うか……めちゃくちゃ好き」とG-FREAK FACTORYへの愛を続けたTAKUMAは「手放しにポジティブな曲だけじゃなくて、心に重なってくれる」とその理由も明かす。その後「RIVER」ではG-FREAK FACTORYの「日はまだ高く」の楽曲のワンフレーズを織り交ぜてみせ、ラストナンバー「goes on」では間奏で何度もG-FREAK FACTORYのバンド名を叫んだり、アウトロで「優しくて強いG-FREAK FACTORYにたくさん助けられてきました。嘘偽りない等身大を歌うG-FREAK FACTORYが心の底から大好きだ」とあふれんばかりの愛情を伝えてステージをあとにした。

G-FREAK FACTORYは原田季征(G)、吉橋伸之(B)、家坂清太郎(Dr)にサポートメンバーの鴨居哲也(Key)を迎えた4人によるジャムでステージを温める。その中、茂木洋晃(Vo)がフラッグを頭にかぶってゆっくりとステージに姿を現し、「北関東オールドルーキー、群馬のローカルヤンキー。『"FREAKY" TOUR』23本の集大成。“フリーキー”G-FREAK FACTORY、参ります!」と挨拶。沸き上がるオーディエンスのテンションを引き上げるようにバンドは「Unscramble」でライブの口火を切った。裏打ちのリズムが心地よい「奮い立て 合い燃えろ」でファンの体を揺らしたのち、さらにコールアンドレスポンスで場内の一体感を高めていく。盛り上がるフロアを見渡し、茂木は「すげー景色だ」と感激を露わに。「ブッこんでいくんでよろしく!」と改めて意気込み、「日はまだ高く」の演奏へとなだれ込んだ。

茂木は「俺らがやるのはプロモーションじゃねえぞ。ライブをやりに来たんだ」「こんな生きにくい日本を生き抜く力が音楽にあることを願う」と熱弁しながら、アルバム収録曲「SOMATO」「らしくあれと」や、過去作の人気曲を届けていく。盤石のアンサンブルに乗せ、茂木はステージを動き回ったり、しゃがみこんだりとエモーショナルに歌唱していった。中盤、茂木は「G-FREAK FACTORYは今年で(結成して)20年になります」と語り始める。彼はこれまでの20年を振り返り、“暗黒の9年間”や解散の危機があったことに触れた上で「リキッドルームでやるなんて夢のまた夢だったよ」と感慨深く口にした。続けて「ひさびさに自分たちのために曲を書きました」と説明し、バンドは骨太な「HALF-DONE」をプレイした。

茂木が今回のツアーで熊本を訪れたこと、そこで見た景色や出会った一人の高齢女性について切々と話し、「俺たちに何ができるのか? ……幸い俺たちは声を上げられる。幸い俺たちは生きている!」と声をあげると「Too oLD To KNoW」の演奏へ。途中から茂木はフロアへ進んでオーディエンスに支えられるように立ち、拳を突き上げてシンガロングするファンに囲まれる中、熱唱する。歌い終わり彼が「ヤーマン!」と告げると、フロアからは温かな拍手が送られた。彼はさらに「俺たちはまだ旅の途中で、これから先、まだまだデカい景色を観に行くつもり」と決意を口にして、「ダディ・ダーリン」「EVEN」を優しく歌い上げる。「EVEN」で大合唱が巻き起こると茂木は「忘れねえぞ!」と顔をほころばせて本編を終えた。

アンコールで茂木は、本編で話をした“バンド解散の危機”を救ったのが、10-FEETのTAKUMAであることを明かしてファンを驚かせる。そしてバンドは7月19日リリースのニューシングル「風林花山」の表題曲を丁寧に演奏した。さらに群馬のラッパー・NAIKA MCを呼び込んでグルーヴィーに「KTKZ TO TAIYO」をプレイ。最後にフラッグを掲げて「SUNNY ISLAND STORY」をドロップすると、茂木は「6月24日土曜日、『"FREAKY" TOUR』ファイナル、with 10-FEET with フリーキーたち。これにて大成功!」と叫んで、ツアーの幕を下ろした。

PSVR、国内での販売取扱店舗が拡大─6月中旬からは体験イベントも

これまでPS VRを取り扱う国内の販売店舗は232店舗でしたが、2017年6月時点で394店舗に拡大。さらに6月中旬より、全国100以上の販売取扱店舗でPS VR体験イベントの実施が予定されています。販売店情報、一部大型店舗で実施される体験イベント情報などは公式サイトに掲載されています。


2017年6月にはPS VR向けタイトルとして、バンダイナムコエンターテインメントから『サマーレッスン:アリソン・スノウ七日間の庭(基本ゲームパック)』、ソニーインタラクティブエンタテインメントから『Farpoint』、そして『Starblood Arena』が発売予定。今後もソニーインタラクティブエンタテインメントジャパンアジアはPS VRのさらなる普及拡大を目指していくとのこと。


PlayStation VR」は発売中。価格は以下のようになります。

・「PS VR」:44,980円(税別)
・「PS VR PlayStation Camera同梱版」:49,980円(税別)

『サマーレッスン:アリソン・スノウ七日間の庭(基本ゲームパック)』(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
『Farpoint』(C)Sony Interactive Entertainment America LLC
『Starblood Arena』(C)Sony Interactive Entertainment America LLC. Developed by WhiteMoon Dreams.

日本語も収録!PC版『討鬼伝2』Steamにて発売決定

コーエーテクモは、オメガフォースが手がけるオープンワールドハンティングアクション討鬼伝2』PC版のSteamストアページを公開、2017年3月22日に発売となることと、同作に日本語が含まれることを明らかにしています。


同作は既にSteamでも販売されているハンティングアクション討鬼伝 極』の続編となるタイトルで、PS3/PS4/PS Vita向けには2016年7月28日に発売されています。マップのオープンワールド化を大きな特徴としており、敵部位の完全破壊なども可能となりました。


討鬼伝2』は、SteamにてWindows向けに2017年3月22日発売予定。予約販売も開始されており、定価8,424円のところ、スペシャルプロモーションとして3月29日までは10%引きの7,582円にて購入可能です。

『Skylanders Imaginators』参戦決定の『クラッシュ・バンディクー』20周年記念トレイラー!

初代PlayStationで誕生し人気を博した3Dアクション『クラッシュ・バンディクー』。そのクラッシュがプレイアブルキャラクターとして参戦することが明らかとなったActivisionのフィギュア連動型アクションゲームシリーズ最新作『Skylanders Imaginators』ですが、『クラッシュ・バンディクー』の20周年を記念した本作の海外最新トレイラーが公開されました。

映像には同シリーズでお馴染みのウンパ・アイランドを舞台に、懐かしのダンスや、シリーズ過去作を彷彿とさせるゲームプレイシーンが収録。クラッシュが使用できる「STARTER PACK FEATURING CRASH BANDICOOT」は、PS3/PS4版のPlayStationプラットフォーム限定で登場予定です。

『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』初週の世界累計実売数が270万本突破

ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)はPS4用ソフトウェアタイトル『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(Uncharted 4: A Thief’s End)』の発売初週における全世界の累計実売本数が270万本を突破したと発表しました。

Naughty Dogが開発した本作は、主人公であるトレジャーハンター、ネイサン・ドレイクの最後の冒険を描く最終章。新たな要素が加わったアクションと、かつてないスケールのステージ、シリーズ最高のグラフィックとアニメーション、進化したマルチプレイが搭載されています。

今回発表された実売270万本は、2016年5月16日時点のパッケージ版、ダウンロード版の合計とのこと。さらに、SIEのワールドワイド・スタジオチェアマン、ショーン・レーデン氏のコメントも伝えられています。

「『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の素晴らしいゲーム体験は、インタラクティブエンタテインメントをさらなる高みへと押し上げるものと実感しており、本作を世に送り出してくれたノーティードッグのチームには心から感謝します。大変多くのユーザーの皆様に、このネイサン・ドレイクの冒険をお楽しみいただいていることを大変嬉しく思うとともに、これからもプレイステーションならではの革新的な体験をお届けしてまいります。」―ショーン・レーデン

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はPS4を対象に、5月10日より発売中です。

『Halo 5』で「クィディッチ」開幕!渾身の自作マップ現る

ユーザー制作のオリジナルマップやモードでマルチプレイを楽しむこともできるXbox One『Halo 5: Guardians』ですが、今年に新展開が行われることで話題の「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みの劇中スポーツ「クィディッチ」を再現したゲームモードが登場しました。

これはXboxユーザーのXxHugabearXxさんが制作したマップとモードで、ベースとなっているゲームモードはグリフボール。しかし高いジャンプ力など挙動に大幅なアレンジが加えられており、あたかも空を飛び回っているような不思議なゲームプレイが実現しています。

この再現度の高い競技場マップとゲームモードは、製作者のXxHugabearXxをフレンド登録した後に、ゲーム内メニューからダウンロードが可能です。興味を持った方はフレンドを集めてHalo版「クィディッチ」に挑戦してみるのも楽しいかもしれません。

『ディビジョン』不具合におけるゲーム内補償の受け取り日時が国内発表

Ubisoftのゲーム更新情報などを発信するアカウントUBIJTECHは、先日発生した『Tom Clancy's The Division(ディビジョン)』のデイリーミッションに関する不具合に絡んだゲーム内補償について、詳細な受け取り日時を国内向けに発表しました。

4月9日から4月12日まで起きていたのは、毎日更新されるはずのデイリーミッションが選択不可能になっていた問題で、その補償としてレア通貨であるフェニックスクレジットが配布されることが以前より明らかになっていました。補償対象となるのは、4月22日19時以前にアカウントを作成済みかつ、4月22日19時から4月25日19時までにログインしたユーザー。以上の条件を満たしたプレイヤーには150フェニックスクレジットが付与されます。

 

『ディビジョン』はPS4/Xbox One/PCを対象に発売中です。