渡辺氏と7TH HEAVENの斉藤義明CEOによる調印式が滞りなく終える。

渡辺氏と7TH HEAVENの斉藤義明CEOによる調印式が滞りなく終え、すでに提供されているというCPUにCore i7ビデオカードGeForce GTX 970を搭載したLEVEL∞のC-Classのマシンについて、Beni選手は「かなり小さいけど、これまで使用してきたどのマシンより高いスペックを有しており、とても快適」と使用感をコメント。これまで使用してきたマシンでは集団戦の重い処理を必要とするシーンにおいてカクつきが発生することがあったというが、提供マシンを使用するようになって快適にプレイできるようになったという。

 また、斉藤氏は「カクつきなど、試合では一瞬の遅れが結果を左右する。例えばLow設定の場合、スキルの発動が見えづらい時があるが、Very Highの設定で表示することで効果が見えやすく素早く反応することができる」と、その優位性を説明した。

 7TH HEAVENはさらにAKRacingともスポンサードシップを提携しており、機材提供を受けているという。この「AKRacing Nitro Gaming Chair」が非常に座り心地がいいということで、Awaker選手も「体が全く痛くならないし、プレイに集中できる」と絶賛。7TH HEAVENのチームメンバーは1日8時間~10時間、週に6日ほど練習するというが、この椅子の恩恵はかなりのもので、集中してプレイができることからより長い練習時間を取っても疲れないという。プロにとっては重要な要素の1つと言えるだろう。選手によってはマッチングの待ち時間に倒してリラックスすることもできると好評なようだ。

 最後にAwaker選手は今回のイベントについて「ファンの人たちなどと一緒にプレイするのは楽しいので、今後も積極的に参加したい」とコメント。さらに来年に向け、「2016年1月17日よりリーグ戦『LJL』のSeason 1がスタートします。応援のほどよろしくお願いします!」とアピールして締めくくった。

 ラグナロク RMT

 アラド RMT