『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』初週の世界累計実売数が270万本突破

ソニーインタラクティブエンタテインメント(SIE)はPS4用ソフトウェアタイトル『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝(Uncharted 4: A Thief’s End)』の発売初週における全世界の累計実売本数が270万本を突破したと発表しました。

Naughty Dogが開発した本作は、主人公であるトレジャーハンター、ネイサン・ドレイクの最後の冒険を描く最終章。新たな要素が加わったアクションと、かつてないスケールのステージ、シリーズ最高のグラフィックとアニメーション、進化したマルチプレイが搭載されています。

今回発表された実売270万本は、2016年5月16日時点のパッケージ版、ダウンロード版の合計とのこと。さらに、SIEのワールドワイド・スタジオチェアマン、ショーン・レーデン氏のコメントも伝えられています。

「『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』の素晴らしいゲーム体験は、インタラクティブエンタテインメントをさらなる高みへと押し上げるものと実感しており、本作を世に送り出してくれたノーティードッグのチームには心から感謝します。大変多くのユーザーの皆様に、このネイサン・ドレイクの冒険をお楽しみいただいていることを大変嬉しく思うとともに、これからもプレイステーションならではの革新的な体験をお届けしてまいります。」―ショーン・レーデン

アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』はPS4を対象に、5月10日より発売中です。