G-FREAK FACTORY、満員LIQUIDROOMでフリーキーたちと迎えたツアー集大成

G-FREAK FACTORYがライブツアー「"FREAKY" TOUR 2017」の最終公演を6月24日に東京・LIQUIDROOMにて開催した。

【写真】TAKUMA(Vo, G / 10-FEET)(他13枚)

このツアーは彼らが最新アルバム「FREAKY」を携えて3月より実施していたもの。ツアーファイナルとなったこの日はソールドアウトのLIQUIDROOMを舞台に、10-FEETとのツーマンライブが行われた。

10-FEETはTAKUMA(Vo, G)が「オラー!行くぞー!」とさっそくオーディエンスを焚き付け「hammer ska」でライブをスタートさせる。TAKUMAが「今日はG-FREAK FACTORYと、お前らと心中するつもりで来た」「お前らをくたくたにしてG-FREAK FACTORYに渡す」と並々ならぬ意気込みを語っていた通り、バンドは「VIBES BY VIBES」「1sec.」といったパンキッシュなナンバーを畳み掛けて、オーディエンスのテンションを引き上げ続けていった。

「ヒトリセカイ」をエモーショナルに歌い上げたあと、TAKUMAが「(G-FREAK FACTORYとは)長い付き合いやな」と話し始め、メンバー3人はG-FREAK FACTORYとの出会いを回想。「大事な友達」「尊敬し合ってるって言うか……めちゃくちゃ好き」とG-FREAK FACTORYへの愛を続けたTAKUMAは「手放しにポジティブな曲だけじゃなくて、心に重なってくれる」とその理由も明かす。その後「RIVER」ではG-FREAK FACTORYの「日はまだ高く」の楽曲のワンフレーズを織り交ぜてみせ、ラストナンバー「goes on」では間奏で何度もG-FREAK FACTORYのバンド名を叫んだり、アウトロで「優しくて強いG-FREAK FACTORYにたくさん助けられてきました。嘘偽りない等身大を歌うG-FREAK FACTORYが心の底から大好きだ」とあふれんばかりの愛情を伝えてステージをあとにした。

G-FREAK FACTORYは原田季征(G)、吉橋伸之(B)、家坂清太郎(Dr)にサポートメンバーの鴨居哲也(Key)を迎えた4人によるジャムでステージを温める。その中、茂木洋晃(Vo)がフラッグを頭にかぶってゆっくりとステージに姿を現し、「北関東オールドルーキー、群馬のローカルヤンキー。『"FREAKY" TOUR』23本の集大成。“フリーキー”G-FREAK FACTORY、参ります!」と挨拶。沸き上がるオーディエンスのテンションを引き上げるようにバンドは「Unscramble」でライブの口火を切った。裏打ちのリズムが心地よい「奮い立て 合い燃えろ」でファンの体を揺らしたのち、さらにコールアンドレスポンスで場内の一体感を高めていく。盛り上がるフロアを見渡し、茂木は「すげー景色だ」と感激を露わに。「ブッこんでいくんでよろしく!」と改めて意気込み、「日はまだ高く」の演奏へとなだれ込んだ。

茂木は「俺らがやるのはプロモーションじゃねえぞ。ライブをやりに来たんだ」「こんな生きにくい日本を生き抜く力が音楽にあることを願う」と熱弁しながら、アルバム収録曲「SOMATO」「らしくあれと」や、過去作の人気曲を届けていく。盤石のアンサンブルに乗せ、茂木はステージを動き回ったり、しゃがみこんだりとエモーショナルに歌唱していった。中盤、茂木は「G-FREAK FACTORYは今年で(結成して)20年になります」と語り始める。彼はこれまでの20年を振り返り、“暗黒の9年間”や解散の危機があったことに触れた上で「リキッドルームでやるなんて夢のまた夢だったよ」と感慨深く口にした。続けて「ひさびさに自分たちのために曲を書きました」と説明し、バンドは骨太な「HALF-DONE」をプレイした。

茂木が今回のツアーで熊本を訪れたこと、そこで見た景色や出会った一人の高齢女性について切々と話し、「俺たちに何ができるのか? ……幸い俺たちは声を上げられる。幸い俺たちは生きている!」と声をあげると「Too oLD To KNoW」の演奏へ。途中から茂木はフロアへ進んでオーディエンスに支えられるように立ち、拳を突き上げてシンガロングするファンに囲まれる中、熱唱する。歌い終わり彼が「ヤーマン!」と告げると、フロアからは温かな拍手が送られた。彼はさらに「俺たちはまだ旅の途中で、これから先、まだまだデカい景色を観に行くつもり」と決意を口にして、「ダディ・ダーリン」「EVEN」を優しく歌い上げる。「EVEN」で大合唱が巻き起こると茂木は「忘れねえぞ!」と顔をほころばせて本編を終えた。

アンコールで茂木は、本編で話をした“バンド解散の危機”を救ったのが、10-FEETのTAKUMAであることを明かしてファンを驚かせる。そしてバンドは7月19日リリースのニューシングル「風林花山」の表題曲を丁寧に演奏した。さらに群馬のラッパー・NAIKA MCを呼び込んでグルーヴィーに「KTKZ TO TAIYO」をプレイ。最後にフラッグを掲げて「SUNNY ISLAND STORY」をドロップすると、茂木は「6月24日土曜日、『"FREAKY" TOUR』ファイナル、with 10-FEET with フリーキーたち。これにて大成功!」と叫んで、ツアーの幕を下ろした。