あおもり市民ねぶた実行委員会

こうようが美しいとある山中、高貴こうきな風情ふぜいの女が侍女じじょを連れて紅葉を愛でようと宴うたげを催していました。その酒席に鹿狩りの途中の平維茂これもちの一行が通りかかります。維茂は道を避けようとするが、誘われるまま、宴に加わります。酒を勧められ、つい気を許した維茂は酔いつぶれ眠ってしまいます。
ちょうどその頃、八幡大菩薩はちまんだいぼさつの眷属けんぞく、武内の神が信濃しなのの国くに戸隠山とがくしやまへの道を急いでいました。維茂を籠絡ろうらくした女は戸隠山の鬼神だったのです。
武内の神は維茂の夢に現れてそのことを告げ、八幡大菩薩からの下された神剣を維茂に授けました。
さて、夢から覚めた維茂の前には、鬼女が姿を現わし襲いかかってきます。維茂は勇敢に立ち向かい、激しい戦いの末にみごと神剣で鬼女を退治しました。